今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

今さら聞けない顔の「しみ」「たるみ」の基礎知識
MENU

しわやたるみについて

年をとるとしわやたるみが目立ってくるため、肌の若さを保つには普段からのスキンケアが重要です。鏡を見るとしわやたるみが出来ていることにふと気づくことがあります。だんだんと年齢を重ねるうちに、しわやたるみが知らないうちに増えていたという話はよくあることです。

 

人間の体を構成する部位のうち、顔は隠しようがない場所ですが、特に目がくぼんでくると疲弊した雰囲気になります。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

皮膚がたるみ、あごのラインのシャープさが失われると、若々しいイメージがなくなって年老いたふうに見えます。

 

しわやたるみが顔に増えると、見た目の雰囲気がガラッと変わって年をとっているように見えるものです。皮膚がたるむのは、不健康な食事や、紫外線による光老化で、肌の弾力が低下するためです。紫外線に肌が当たると、肌はダメージを受けて、ヒアルロン酸や水分量を真皮組織の中に閉じ込めておけなくなり、乾燥することによってハリが無くなります。皮膚は頭皮からつま先まで一枚の皮でつながっているので、頭皮をマッサージすることでリフトアップして、たるみを改善することができます。

 

しわには色々な種類がありますが、おでこ、目尻、眉間など、しわのでき方や特徴も違います

 

小鼻から口もとにかけてほうれい線のしわができるのは表情変化や生活習慣によってできるものだといいます。

 

たるみのしわのない、若々しいお肌を守りたいというならば、食事内容にも気を使い、生活習慣を見直して、健康的な生活と入念なスキンケアに力を入れるといいでしょう。

気になるしわやたるみを解消するには

しわやたるみを除去したいなら、美容クリニックを利用するという方法があります。しわやたるみといったお肌の悩みを解消してくれるレーザー光線を利用した専用の美容機器があります。エステスタッフは、しわやたるみとりの施術に長じていますので、お肌を引き締めたいという人にぴったりです。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

使用されるレーザー機器についても技術は常に進歩しているので、肌へのダメージも少なくなり、施術後の安静時間も減っています。レーザー機器の種類によって、効果の持続性は異なってきます。美容施術の一種として知られるサーマクールは、ニキビ痕の解消や、肌のリフトアップ、しわやたるみだけでなくしみの解消効果もあります。

 

エステに足繁く通うことができないという人でも、サーマクールなら年2回程度の施術で事足ります。サーマクールには小顔効果もあるので、施術をすると痩せたように見えるのもこのレーザー施術の良い点です。スキンタイトニングは、サーマクールと比較すると比較的リーズナブルな価格で美容施術を受けることができます。

 

スキンタイトニングは、痛みがほとんどなく、はじめての人や痛みに弱い人でも受けやすいレーザー施術です。しわやたるみの解消に即効性がありますが、持続性には欠ける面があるので、1ヵ月から2ヵ月に1回くらいのペースで繰り返し利用する必要があります。

 

エステや美容クリニックの美容施術で、お肌のしわやたるみを目立たなくしたいと思うなら、施術方法をどうするか調べてみてください。

しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

日々の洗顔やスキンケアの積み重ねが、しわやたるみの予防に効果を発揮します。マッサージをしてお肌の代謝を活発にしたり、食事内容を工夫して肌にいいものを摂ることも、しみやたるみ対策としては有効です。

 

季節によって紫外線の強さは変わりますが、年間を通して常に紫外線対策をするべきだと言われています。昔は、少しくらいは日焼けしたほうが好ましいという風潮でしたが、現在では紫外線は防ぐべきものです。強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、肌を傷めてしまうので、避けたほうがいいといいます。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

肌の乾燥やしみ、くすみ、たるみなどのトラブルは、紫外線による肌の光老化が関係しています。普段から、洗顔ケアをしっかりと行って、洗顔後のスキンケアで皮膚を保湿することが、肌を紫外線から守ってくれます。

 

クレンジングの際に、化粧汚れを落とそうとして強くこすると皮膚を痛めますので、クレンジング剤を皮膚の上に塗り広げます。クレンジング後の洗顔も、しっかり立てた泡を顔に乗せて擦らないように、泡を滑らせるように顔を撫でながら洗います。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

38度以上の熱いお湯を使って顔を洗うと、皮膚に残して起きたい肌本来の油分まで流出してしまうので、ぬるま湯で洗うようにします。洗顔が終わったら、皮膚がまだ湿っているうちに化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、乳液でフタをします。保湿を十分に行うことで、紫外線を浴びた肌の乾燥を阻止し、しわやたるみのないハリのある肌をキープすることができるようになります。

しわやたるみは加齢だけが原因ではない

皮膚にしわが刻まれたり、たるみが目立つようになるのは年齢が主な要因になっていると考えているような人もいます。年をとっても若々しい皮膚のままでいたいと考えているならば、普段のスキンケアを丁寧に行うことです。加齢以外にも、肌を老化させる要因はいくつもあります。精神的なストレスや、強い紫外線の作用、皮膚の乾燥、不適切なスキンケアなどです。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

肌の老化は、時間の進み方は誰でも一緒かもしれませんが、肌の乾燥対策や、紫外線予防などをしていたかで差がつきます。できてしまったたるみやしわについては、成り立ちや、原因を突き止めて、適切な対処ができるかどうが大事です。

 

お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情筋の動きでできるしわは、スキンケアを特に念入りにしましょう。小じわは、乾燥予防をすることで、弾力を取り戻します。精神的なストレスや、紫外線を浴びることで、保湿成分であるヒアルロン酸や、コラーゲンが少なくなり、肌のしっとり感が失われることがあります。

 

今さら聞けない!しみたるみの基礎知識

 

表情筋の動きが皮膚のたるみに関わっている場合、表情筋トレーニングが対処法として生かされます。加齢と共に皮膚はハリや弾力を失って、重みで下へと垂れ下がりやすくなりますが、これは角質層の水分不足をリカバリーすることが難しいからといえます。

 

角質層のハリや弾力は、肌の乾燥によって失われます。ストレスや、紫外線の影響、不健康な生活が肌の乾燥を悪化させます。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【PR】
デリケートゾーンの臭いケア専用のクリームの紹介サイト
プリンセスアンダーの効果はホント?

 

このページの先頭へ